2014/11/10 ~薪ストーブ設置・その5~

2014-11-10

さて、前回無事にメガネ石の固定まで出来ました。

s-03-2メガネ石取り付け

見た目的には東屋(あずまや)みたいで良いんですが、やはりこのままという訳にはいきません。そこで、ここにこちらのカバーをします。(※この辺は全てメーカー品です!)

s-02-3メガネ石カバー

結果、こんな感じになります!

s-02-4カバー取り付け

ここに煙突を通す訳ですが、構造上(組立上)このメガネ石に通す煙突のサイズはメガネ石の穴よりも少々小さいため、断熱材が必要になります。それがこちら!

s-03-1断熱材

石綿系の断熱材です。ちゃんと、「アスベストは入っていません」という表記がありました(^_^;) これを、メガネ石と煙突の間に詰めていきます!

s-03-2断熱材入れ込み

で、煙突を通します!

s-03-3煙突通し

これでやっと、外と中が煙突で繋がりました!

続いては、コーキング作業です! 一応、壁の開口サイズはばっちりぴったりに作っていますが、隙間が全く無いということはありません。で、この多少の隙間は風や虫の侵入を許すことになるので大敵です! ただし、ここも煙突に近かったりして温度の上昇が心配になるところですので、普通のコーキング剤では…。ということでこちらを準備しました!

s-04-1耐熱コーキング

耐高温のコーキング剤です! 舶来品なので、ラベルの外人さんのイラストが良い感じです(^_^;) これをコーキングするために、枠の周囲をマスキングします!

s-04-2マスキング処理

で、コーキングガンを使ってコーキングして…

s-04-3コーキング流し

一旦完成。乾燥するまで1日程度保留です。

s-04-4コーキング完了

さて、長くなりましたので本日はここまで。作業量が多かっただけのことはあって、薪ストーブ設置編はなかなか終わりませんね(^_^;)